Licensing Examination 絵巻寿司検定協会とは

絵巻寿司検定協会は、日本の伝統的な食文化である巻き寿司文化を継承するとともに、新たな絵巻きずし文化を育み、巻き寿司づくりの楽しさと日本の食文化を次世代や海外へと伝えることを目的に、2016年8月に設立されました。

主な活動内容

・絵巻きずしインストラクターの認定
・絵巻きずしインストラクターの認定制度の普及
・絵巻寿司技能検定の実施
・絵巻きずし及び日本の食文化の普及・啓蒙事業(各種イベントの開催・参加など)
・会員の資質向上教育の実施
・巻き寿司に関する情報の収集及び提供

About Qualification 資格について

絵巻きずしに関する資格は、現在次の2種類があります。

絵巻き寿司インストラクター

インストラクターは、中級指導者として認定レシピを使用して講座を開催することができます。

絵巻き寿司スペシャリスト

スペシャリストは、上級指導者として「絵巻寿司技能検定2級」を開催することができます。なお、受講対象はインストラクター歴1年以上の会員で、一定程度の講師経験を有する方とします。

About Examination 検定について

絵巻きずしインストラクターは、絵巻寿司検定協会が認定する資格です。
技能検定2級・1級を修了し、認定試験に合格され、協会に入会していただいた方をインストラクターとして認定します。インストラクターは、中級指導者として認定レシピを使用して講座を開催することができます。

こんな方におすすめ

・絵巻きずしに興味・関心が高い方
・食育に興味・関心が高い方
・海外の方に日本の食文化を紹介したい方
・カルチャースクールや自宅で講座を開催したい方
・地産地消や地方創生に興味・関心が高い方

絵巻きずしインストラクターの活動内容

・巻き寿司教室の開催
・カルチャースクールや地区センターでの各種講師
・各種媒体へのオリジナルレシピ提供

資格の取得方法

絵巻寿司技能検定2級・1級を修了した後、技能認定試験を受験して資格取得を目指します。
技能認定試験に合格され、協会に入会(任意)していただいた方を、絵巻きずしインストラクターとして認定します。
※1級講座は、2級講座を修了した方のみ受講できます

技能検定の申込

資格取得の流れ ~目指そう!巻き寿司のプロフェッショナル~

絵巻きずしインストラクター技能認定試験について

当協会が実施する認定試験は、安心・安全に調理を行うことができて、一定以上の技術を持ち、初心者にも指導することのできるレベルに達した方を「絵巻きずしインストラクター(中級資格)」として認定する試験です。

試験は、技能検定1級講座修了後、同日開催されます。残念ながら合格できなかった方も、横浜元町スタジオで開催される「スキルアップ講座(有料)」に参加し、試験でクリアできなかったポイントを克服することで、インストラクターとして認定されます。

さらに、ご自身で教室開催を目指す方のために、巻き寿司教室のアシスタントと講師を体験できる「インターン制度(有料)」も用意されています。

試験要領

第1期の技能認定試験は、2017年4月22日(土)・23日(日)に、東京都世田谷区の「東京食糧栄養専門学校」にて開催されます。

技能検定試験の要項